« 『3びきのかわいいオオカミ』』  ヘレン オクセンバリー(絵)冨山房 | トップページ | 参考文献 『賢治文学「呪い」の構造』 山下聖美著 三修社 »

2018年2月 1日 (木)

『ちいさいおうち』 バージニア・リー・バートン、 石井 桃子著 岩波書店

Ehonn6

 

幼い頃、大好きだった絵本です。
辛くても希望を失わなければ、きっと幸せになれる
そんなメッセージを幼心に届けてくれました。

都市化の波にさらされて寂しい思いをしていた小さな家が
新しい住人に見いだされ郊外 に移築され、幸せになるというシンプルなお話。
長年、多くの人に愛されてきました。
都会育ちの人には都会を否定されたという少し辛口な評もありました。
出版された時代から環境も大きく変化したと実感しました。

« 『3びきのかわいいオオカミ』』  ヘレン オクセンバリー(絵)冨山房 | トップページ | 参考文献 『賢治文学「呪い」の構造』 山下聖美著 三修社 »

参考文献」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 『3びきのかわいいオオカミ』』  ヘレン オクセンバリー(絵)冨山房 | トップページ | 参考文献 『賢治文学「呪い」の構造』 山下聖美著 三修社 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ